タバコと髪の毛の関係

大人のための嗜好品の代表的なものといえば、やっぱりタバコやアルコール類を思い浮かべる方が多いのでは?

しかし、そんな代表的な大人のための嗜好品も、ここ最近の健康ブームから、禁煙スペースや禁煙タイムの拡大、アルコールに至っては糖質やカロリーを抑えた商品が続々登場するなど、タバコやアルコールがより体にやさしい嗜好品へと変化しています。

ちなみに、アルコールに関していえば適量であれば健康面への問題はほとんどないのですが、タバコは極端にいえばデメリットしかありません。

薄毛を治したいならタバコは止めろ!

気分を落ち着かせるために吸う方がほとんどだと思いますが、体への影響は最悪。なぜなら、タバコそのものが体へストレスを与えているからです。

タバコの成分・ニコチンは血管を収縮させる働きがあるのですが、これによって太い動脈や静脈はもちろん、もっと細かな毛細血管すら血液が流れにくくなってしまうのです。なお、頭皮の毛根に張り巡らされているのは、実は毛細血管。

ですからタバコを吸って体にストレスを与えることにより頭皮の毛細血管へ栄養がうまく行き渡らなくなるため、髪の毛にもストレスを与えてしまうというなんとも悲しい結果に。

もし今、薄毛で悩んでいたり髪の将来に不安を感じていて、しかも喫煙者であればなおさら禁煙をおすすめします。タバコでストレスを和らげているように感じても、実際には体にも髪にもストレスを与えているのが事実なのです。

自分はもちろん、もしパートナーなどで薄毛に悩んでいる場合は禁煙を勧めてみてはいかがでしょうか。