育毛を促進するための、育毛剤の使い方とは?

育毛剤は正しく使わなければその効果を十分に発揮させることができません。

まず、塗布タイプの育毛剤は、適量を、頭皮の薄い箇所に集中的につけてください。

ポイントは、髪の毛につけるのではなく、頭皮につけ、頭皮の奥にまで染み渡るようすること。
気になる部分にすり込むイメージで、マッサージするようにつけてください。

最近では薬用凌駕のようなノズル式タイプや、M-1のようなスプレー式タイプ、ロゲインのような泡型のタイなど、頭皮に簡単につけることができるよう工夫されているものが多くあります。

非常に便利ではありますが、そのためにマッサージを怠ってしまう人も多いのが問題です。

頭皮はマッサージをすることで、神経をリラックスさせ、副交感神経の働きが活発になります。

その結果、頭皮の血行が促進され、毛根に栄養を供給する効果が高まるため、
マッサージは念入りに行うようにしてください。

育毛剤をつける時間帯

育毛剤は頭皮が健康な状態のときに使うようにしてください。

実は薄毛の悩みを抱えている人の約80%が、頭皮の炎症やかぶれなどのトラブルを抱えています。

このような状態では、どれだけ高価な育毛剤を利用しても、育毛成分を吸収して、育毛が促進させることはありません。

むしろ、育毛剤を使うことで頭皮を刺激してしまい、薄毛を進行させることになります。

ですから、まずは頭皮のトラブルを解消するために、普段の生活習慣を見直したり、頭皮を清潔に保つなど、頭皮を健康にする努力をしてください。

特に市販のシャンプーを使っている方は、それが頭皮の炎症などを起こしている可能性があります。ですから、シャンプーもウーマシャンプーやスカルプDなど、アミノ酸系のものを選ぶことで、頭皮に負担がかからないようにしてください、