どうして育毛剤を使っても効果が出ないのか?

「育毛剤を使ったことがあるけど、効果が出なかった・・・」
このような感想を持っている人もたくさんいます。

薄毛の原因は様々です。なかでも遺伝子が原因となっている場合、治療はなかなか難しいため、育毛剤の効果が出にくいと言われています。

しかし、AGA(男性型脱毛症)が理由の場合は、育毛剤を使い、頭皮の環境を整えることで育毛が可能です。

ですから、どうして効果が出ないのかを確認してください。

育毛剤が効かない3大理由

育毛剤を使っていても、効果が実感できない、、、
効果を実感できないのには大きく3つの理由があります。

  • 食生活や生活習慣が乱れている
  • 頭皮に炎症、かぶれなどのトラブルを抱えている
  • 継続使用6ヵ月~1年未満で止めてしまう

1つ1つの理由について詳しく解説していきます。

食生活や生活習慣が乱れている場合

頭皮に栄養を与えなければ、髪の毛は生えてきません。

育毛剤は血行を良くし、頭皮の細胞の隅々まで、食生活で摂った栄養を送り届けるための補助アイテムです。

ですから、身体そのものに栄養が足りなければ、十分に育毛剤の効果を発揮することができないのです。

もう少し詳しく言うと、体中に流れている血液が不健康なものであった場合、育毛剤によって血管を拡張し、血流を促進させることができたとしても、何の栄養もない血液が頭皮の細胞へ届けられるということになります。コレでは意味がありませんよね?

ですから、薄毛を改善するためにも、普段から栄養バランスの良い食事を心がけ、それでも足りない栄養素は育毛サプリメントなどで補うなど、健康のために必要な栄養を摂るようにしてください。

また、お酒の飲み過ぎや睡眠不足、運動不足、ストレスも頭皮が固くなり、血流が悪くなる原因になります。

このような非健康的な生活が頭皮に悪影響を与え、育毛剤が利かない体質を作り出しているのです。

薄毛は頭皮だけの問題ではありません。身体全体の栄養管理ができて、はじめて薄毛も改善することができます。育毛を意識するのであれば、食生活をはじめとする生活習慣の改善を心がけてください。

頭皮に炎症、かぶれなどのトラブルを抱えている場合

仮に栄養バランスの良い食生活を過ごし、健康的な生活習慣をしていても、頭皮にトラブルを抱えていると、髪の毛は生えてきません。

頭皮のトラブルとは炎症やかぶれなどで、実際に薄毛に悩んでいる人のうち、約80%の方が頭皮のトラブルを抱えていると言われています。

このような頭皮のトラブルを引き起こす原因は、頭皮の毛穴に詰まった、フケや汚れなのですが、、、実はそれを取り除くために使うシャンプーが炎症やかぶれを起こす原因になっている可能性があります。

市販のシャンプーは高級アルコールシャンプーと言って、頭皮には少し刺激が強すぎます。使いすぎると、頭皮に必要な皮脂を全てなくしてしまい、それが炎症やかぶれの原因になることもあります。

ですから、市販のシャンプーを使っていて、頭皮がしみたり、カユミがでるなど、何らかの異常を感じる場合は、すぐに使うのを止めてください。

では、どのようなシャンプーを使えば良いのか?

このサイトでは既に何度も紹介していますが、育毛シャンプーとしてオススメなのはアミノ酸系シャンプーです。

余分な皮脂を取り除くことができて、なおかつ低刺激と、髪の毛にとって最適なシャンプーなのです。

アミノ酸系シャンプーにはウーマシャンプー、スカルプD、ディグニティなどがあり、なかでもウーマシャンプーは頭皮に必要な栄養を補給してくれる効果もあるため、オススメです。

育毛シャンプーを見直すことで、髪の毛が生えやすい頭皮を蘇らせてください。

継続使用6ヵ月~1年未満で止めてしまう

基本的に育毛剤は、最6ヶ月は使ってください。

どこのメーカーの育毛剤であっても、効果は最低6ヶ月の使用から現れ始めるという注意書きがあるはずです。

ですが、脱毛が進行したり、なかなか発毛効果を実感できないことに焦りを感じ、1~3ヶ月で止めてしまう人がたくさんいます。早い人ですと、たったの2.3週間で育毛剤の使用をやめる人もいます。

これでは、本当に効果がないのか見極めることはできません。

個人的には6ヶ月と言う使用期間にこだわらず、
1年間くらいは気長に使うことをオススメします。

どのような育毛剤であれ、効果は個人差があります。1ヶ月で実感できる人もいれば、1年経った頃から急激に髪が生えてくる人もいます。

もちろん、頭皮に異常を感じる場合は、すぐにその育毛剤の使用を止め、頭皮の状態を改善する必要がありますが、そうでなければ「1年は使う」というスタンスで利用するようにしてください。

1年間コツコツと使えば、残り何十年という一生は、髪の毛で悩まずに済みます。
焦らず、長期的なスタンスで髪を増やしていくようにしてください。