フィナステリドとミノキシジル、どちらを使えば良いの?

薄毛専用の医薬品には2種類あることを説明しました。
医薬品の種類

ここで疑問に感じるのが
「脱毛抑制タイプ(フィナステリド)」と「 発毛促進タイプ(ミノキシジル)」とではどちらを使うべきか?ということ。

先に結論を言えば・・・
2つのタイプを併用することがベストです。

実際、専用クリニックでも患者の症状に合わせて、フィナステリドとミノキシジルの両方を処方して効果をあげています。

そもそも、フィナステリドは抜け毛をストップさせる効果、ミノキシジルは髪を増やす効果があるため、お互いの長所を活かしながら薄毛を治療することができるのです。

ただし、敢えてどちらを優先するべきか?というと、私はフィナステリドをオススメします。

フィナステリドを推す理由は以下の3つです。

  • 脱毛を抑えられれば、頭皮の自然に髪の毛が生えてくるチカラで、
    ふさふさの髪の毛を取り戻せる
  • 副作用を引き起こす可能性がミノキシジルよりはるかに低い
  • 価格が安い

ちなみに、フィナステリドには、脱毛を抑えるだけでなく、髪の毛を増やす効果もあります。

ですから、まずはフィナステリドが含まれたプロペシアから利用することをオススメします。

そして、もしお財布に余裕があるのであれば、ミノキシジルと併用して利用してみてください。
そうすれば、数ヶ月であなたの髪は確実にふさふさになりますよ。

プロペシアの個人輸入はこちら