どのような育毛シャンプーを選ぶべきか?

頭皮の汚れも、薄毛には大きく関係しています。

頭皮の毛穴には、過剰分泌された皮脂やフケなどの汚れが詰まりやすく、その汚れをキレイに取り除かなければ、頭皮は炎症を起こし、毛根に悪影響を与えるのです。

結果、毛根の発毛力が弱まり、徐々に薄毛になるのです。

この問題を解決するためにも、毎日シャンプーで頭皮をキレイにしてください。

シャンプーの種類について

基本的にシャンプーは「界面活性剤」という成分でできています。

この界面活性剤は「高級アルコール系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3種類に分けることができ、それぞれ特徴が大きく異なります。

ここでは、それぞれの種類の特徴と薄毛にどのような効果があるのかを説明します。

高級アルコール系

市販のシャンプーの大半がこの高級アルコール系です。泡立ちや香りがとても良く使い心地も抜群。洗い上がりも髪の毛がツルツルになります。しかし、高級アルコール系シャンプーは、頭皮には刺激が強すぎるものが多かったり、洗浄力が強すぎて大切な皮脂まで洗い流してしまうなど、敏感肌や乾燥肌の人には不向き。薄毛対策用としてはオススメできません。

石鹸系

洗浄力があり、なおかつ頭皮には低刺激。脂性肌の人に良いシャンプーです。しかし、アルカリ性の石鹸成分のものは、キューティクルが毛羽立ち、洗い上がりの髪の毛がゴワゴワしたりきしんだりするデメリットがあります。

アミノ酸系

人体を構成しているアミノ酸を使用したシャンプー。頭皮に対しても低刺激です。また、必要な皮脂は残しつつも、毛穴の汚れはキレイに落とすことができるため、非常にバランスの良いシャンプーです。髪の毛や頭皮ににアミノ酸で栄養を補うことができるため、健康的な頭皮を作ることができます。薄毛対策としては最もオススメです。

薄毛対策用としてシャンプーを選ぶときは、アミノ酸系シャンプーが最もオススメです。

代表的な育毛シャンプーとして「ウーマシャンプー」「スカルプD」などがありますが、これらの多くがアミノ酸系のシャンプーなのです。

特にウーマシャンプーは石油系界面活性剤を排除し、防腐剤や着色料も一切含まれていないシャンプーのため、頭皮の健康に最もオススメですよ。